メニュー

ときわ公園

logo
HOME > イベント > 突撃!ときわのサルごはん2018 第3回 糖尿病のリスザル 治療の基本はごはん

突撃!ときわのサルごはん2018 第3回 糖尿病のリスザル 治療の基本はごはん動物園 募集終了

動物園 募集終了

期間・時間

2018年06月23日(土)  13:00 ~14:00

集合場所:ときわ動物園入口
対象:どなたでも(制限はありませんが、中学生以上を対象にした内容です)
参加費:無料
定員:10名(先着順)
申込:氏名、電話番号を電話で連絡(6月1日受付開始)
申込先:(公財)宇部市常盤動物園協会 0836-21-3541
内容:糖尿病は、血糖値を下げる働きを持つインスリンというホルモンがうまく働かないために、血糖値が高くなってしまう状態のこと。ヒトでも、主に生活習慣病として問題になります(日本の糖尿病患者の9割が、生活習慣を原因におきる「2型糖尿病」といわれています)。

実は糖尿病は、サルにも起きる病気。ときわ動物園のリスザルのナルト(♂)は、糖尿病の疑いが強く(血液データが不足しており、確定診断は出せていません)、主にごはんを工夫することによる治療を行っています。

今回は、糖尿病について、そして治療のために普段はバックヤードで過ごしているナルトの様子について、ごはんを通して考えてみたいと思います。

お問い合わせ先

  • 公益財団法人 宇部市常盤動物園協会
  • 〒755-0003  山口県宇部市則貞三丁目4−1
  • TEL:0836-21-3541 FAX:0836-21-5099

前のページに戻る