メニュー

ときわ公園

logo
HOME > イベント > 「福島の花」 野口勝宏写真展

「福島の花」 野口勝宏写真展ミュージアム

ミュージアム

期間・時間

2018年02月17日(土) ~2018年03月11日(日)   9:00 ~17:00

場所

ときわミュージアム

昨年度大好評で、多くの来場者で賑わった「福島の花」野口勝宏展を今年度も開催します。

野口勝宏氏は、世界的な写真コンテストである、第35回ニコンフォトコンテスト2014-2015において、日本人初のグランプリを受賞された写真家で、東日本大震災後、「花の力」に気づき、「花の力」で人を元気にしたいと「福島の花」シリーズを制作されており、野口氏独自の手法による花の微細な表情は必見です。

本写真展では、新作19点(予定)を展示します。

また、今回は特別に「世界を旅する植物館」の花を題材にした作品も展示予定です。

展示作品

野口勝宏作品 花咲く未来へ#3

(C)NOGUCHI Katsuhiro

野口勝宏氏

noguchikatsuhiro_pro1.JPG

(C)NOGUCHI Katsuhiro

プロフィール

野口勝宏(のぐちかつひろ)/1959年福島県猪苗代町生まれ。写真家。
「福島の花の美しさで世界の人々を笑顔にしたい」と「福島の花」シリーズを制作。2012年にはオランダ国際園芸博「フロリアード」日本政府館にて「福島の花」が紹介される。2014年、2015年、2016年春に開催の福島県観光キャンペーン「福が満開、福のしま。」においてはJR東日本のメインイメージに採用され、ポスターや駅構内装飾・ラッピング車両を花でビジュアルデザイン。また、福島空港においても全日空カウンターや搭乗橋などを花の写真作品で彩り2016年5月14日就航したANA「東北フラワージェット」B737-800の機体を東北の花々でデザインする。国際線1階では「福島の花」美術館が常設される。また、キヤノンギャラリー銀座・梅田・仙台・札幌の他、成田国際空港、福島県内各地においても写真展を開催。著書に「ここは花の島」(帯文/谷川俊太郎)などがある。
第35回Nikon Photo Contest 2014-2015 グランプリ受賞。

公式ホームページ http://noguchi.photo/

写真展開催にあたって

福島県から宇部市までの車の旅は、日本海を横目に走り続けて1泊した後に、中国自動車道をさらにひたすら走り続けるという長旅です。気候も言葉も自分の住む場所とは少し異なるこの宇部の地で、昨年に引き続き写真展を開催していただけることに心より感謝しています。福島の花や「世界を旅する植物館」に咲く花を見ていただくことで、行ったことのない場所に思いをめぐらせ、そこにある人々や暮らしにまで思いを寄せてもらうきっかけになれば嬉しく思います。

野口勝宏

「ふくしまの花ポスト」

「福島の花」で彩られたポストカード(カードは会場に準備しています。)に、花の思い出や福島への想いを綴るという「福島の花」プロジェクトの企画。届いたメッセージは会場にて展示します。

お問い合わせ先

  • ときわミュージアム(ときわミュージアム管理課)
  • 〒755-0025 山口県宇部市野中三丁目4番29号
  • TEL:0836-37-2888 FAX:0836-37-2889

前のページに戻る