メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 彫刻エッセイ > 彫刻とのふれあい(水井 康雄)

『彫刻とのふれあい-宇部』  作品解説
彫刻とのふれあい(水井 康雄)

著者名:弦田 平八郎

この作家もまた、戦前の対象そのままに再現する写実的表現からの解放感を敏感に謳歌したひとりである。伝統的なわが国の凧のイメージをもととして、そのイメージを自由に浮揚させながらこの作品をつくったと思われる。「石凧」とは、まさにユニークな発想の彫刻といってよい。重い石でありながら、しかし見た目には軽い。形も上に上にと浮揚しようとする軽やかな動きがあって、動的な作品となっている。

作者 水井 康雄
作品名 石凧
制作年 1963
素材 安山岩
サイズ 205×153×70