メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 彫刻エッセイ > 彫刻とのふれあい(広井 力)

『彫刻とのふれあい-宇部』  作品解説
彫刻とのふれあい(広井 力)

著者名:弦田 平八郎

現代彫刻は、従来の彫刻概念を破り、幅広く多様化されてきたが、この作品もそのひとつといえる。彫刻が地上に建つという通念を破り、地面の下にも目を向けた点もそうだし、また単にみるだけでなく、そのなかに入って眺めようと、飛びまわって遊ぼうとかまわない点にもある。作品が観者をとり入れて同体となることを狙った作品といってよく、まわりの環境もとり入れたものである。楽しい作品でもある。

作者 広井 力
作品名 標的と人
制作年 1969
素材 アルミニウム、鉄
サイズ 130×360×360