メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 彫刻エッセイ > 彫刻とのふれあい(山本 衛士)

『彫刻とのふれあい-宇部』  作品解説
彫刻とのふれあい(山本 衛士)

著者名:弦田 平八郎

薄い鉄板を地図の等高線にしたがうようにしながら積みあげていって山をつくり、その頂きにクローム・メッキをした半円球、半円筒をおいた作品である。平地に変わった山をつくって環境を変え、しかも頂上のメッキされた鏡面に近づいて覗きこむと、自分の顔も、まわりの風景も、そして何よりも大空の雲までが収斂されて同時にみることのできる小宇宙が表われている。歩を移せば、その小宇宙も展開して楽しいものがある。

作者 山本 衛士
作品名 内なる空73-2
制作年 1973
素材 鉄、クロームメッキ
サイズ 100×900×600