メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 彫刻エッセイ > 彫刻とのふれあい(最上 壽之)

『彫刻とのふれあい-宇部』  作品解説
彫刻とのふれあい(最上 壽之)

著者名:弦田 平八郎

巨大な石の塊りである。それ自体、大地にどっかりと腰を落ちつけて、雄壮ですらある。中央、円筒形のものが少し浮びあがっているのは、機械でこの石の塊りを、リンゴの芯をえぐるようにしてえぐり、えぐった芯の部分をそのままひっぱり出して上に浮かせたものとなっている。巨大な塊りの自然のどっしりとした巧まざる形態と、明らかに人工的に突き出た芯との対比が、この作品をユニークな、存在感のあるものとしている。

作者 最上 壽之
作品名 イッテ ミヨウヨ アノヨマデ
制作年 1977
素材 富士川原石
サイズ 160×210×230