メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 彫刻エッセイ > 彫刻とのふれあい(澄川 喜一)

『彫刻とのふれあい-宇部』  作品解説
彫刻とのふれあい(澄川 喜一)

著者名:弦田 平八郎

そりをもたせた木や、一木を途中で斜めに少し切り刻んで折れるばかりにそりをもたせた、いうところの「そり」のある形を追究しているこの作者は、「そり」の形に、現代的なシャープで美しい姿をきざみこんである。それはまた、日本刀の鋭利なそりにも通ずるものがあり、伝統を現代に生かした緊張感ある形の表出となっている。この作品はそりのある木を原型として鋳造したもの。

作者 澄川 喜一
作品名 そりのあるかたち
制作年 1979
素材 アルミニウム、花崗岩
サイズ 230×470×100