メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 彫刻エッセイ > 彫刻とのふれあい(木下 宏)

『彫刻とのふれあい-宇部』  作品解説
彫刻とのふれあい(木下 宏)

著者名:弦田 平八郎

ひとつの直方体が横に浮かびあがっている作品である。もちろん足で支えられて浮いているのだが、直方体自体はアルミ製で、実は中に特殊技術によってふくらました直方体となっている。ふっくらした形の直方体となっているから浮いた感じがあり、また事実みていると本当に浮かんでいるような、フワフワと浮遊するようにももえる。浮かぶ彫刻、空中を浮遊する彫刻の出現を願うものにとって、この作品は夢を誘ってくれる。

作者 木下 宏
作品名 一つの直方体から
制作年 1979
素材 発泡ウレタン、アルミニウム、鉄
サイズ 150×400×100