メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > ときわ公園の彫刻 > 樹とともに-浮くかたち

樹とともに-浮くかたち

樹とともに-浮くかたち

Information

作家名 : 植松 奎二(うえまつ けいじ)
制作年 : 1997年
設置場所 : 常盤公園・桜山
素材 : 花崗岩(能勢産)、耐候性鋼材、楠
サイズ・重量 : 740cm×1,185cm×360cm、7500kg
備考 : 第17回現代日本彫刻展、宇部興産創業100周年記念賞・兵庫県立近代美術館賞

「樹とともに-浮くかたち」は、日常空間を制御する重力をレアに提示。そこから逆説的に、新たな空間を表現しようとする。
作品に使用される素材は鉄板・玉石・樹木。重力と逆方向に伸びていく樹木によって垂直性を表示。それに呼応するように樹木の根本から、鉄板が水平方向に伸び、傾斜地を利用して鉄板の先を約40センチ浮かす。鉄板の先には重量感のある石が乗り、その緊張感によって水平性を強調する。
垂直・水平や重力・浮遊といった、相反する状況を同時に提示することで、日常空間が分節される。そして作品を軸として周囲の景観へと連動していく。
鉄板と玉石の表面は手が加えられないままに、必要最小限の要素でストレートに提示され、作品の力強さを生む。また、樹木も含む日常物による構成の空間は、日常空間を提示する方法として有効に機能する。
作品が見せるのはありのままの生活空間。作品は普段何気なく過ごされる空間を再認識させ、新たな認識へと導く「場」として現れる。