メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

重力空間-赤

重力空間-赤

Information

作家名 : 内田 晴之(うちだ はるゆき)
制作年 : 1997年
設置場所 : 常盤公園・正面入口
素材 : ステンレススティール、マグネット、塗料
サイズ・重量 : 301cm×715cm×715cm、3500kg
備考 : 第17回現代日本彫刻展、大賞(宇部市賞)

ステンレスの箱四つを構成した作品。箱を積み重ねる時には重力を受け、配置に制約が生じるが、それをクリアするため様々な工夫が凝らされる。
第一に、作者のトレードマークでもある磁力の使用。箱の内部に磁石を設置し、反発力を用いて、実際には重心のとれていない中空の箱を水平に保つ。
台となる四角錐の底面を平行四辺形にして実際より平たく見せて、アンバランスさを強調する。円筒形を暗示する二つのパーツは下方を小さく切り込み、配置も対角からずらし、異様な距離感を生み出している。
そして作者がたびたび用いる赤い塗装。芝生や松林など緑色と補色関係の赤は作品の存在を強調する一方で、材質感を喪失させ、作品は重力を失ったようにも感じられる。
様々な要因が絡み合って、作品は日常の重力から解放され、空中に浮遊する印象を得る。そして目で「見る」というよりも身体で「感じる」ようなスケールが、周囲をも作品空間に引き込む。
鑑賞者は作品の前に立つ時、異空間を体験することになる。