メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > ときわ公園の彫刻 > 作品1969:逆転する煙

作品1969:逆転する煙

作品1969:逆転する煙

Information

作家名 : 土谷 武(つちたに たけし)
制作年 : 1969年
設置場所 : ときわミュージアム・彫刻野外展示場西
素材 : アルミニウム、鉄
サイズ : 500cm×350cm×320cm
備考 : 第3回現代日本彫刻展 作家寄贈

一連の土谷作品の中でこの第3回展(1969年)の出品作は少しばかり異色である。というのもこの年は現代日本彫刻展ではじめてテーマ制作が採られ、ステンレス、アルミ、プラスチックという「三つの素材による現代彫刻」がテーマだったからである。
60年代は、経済的な高度成長を遂げるとともに新しい素材が数多く開発された。同時に、美術思潮のうえでは海外の多様な彫刻思想が一挙に流入し、わが国の彫刻史上で素材や造形表現が最も活発に模索された時代だった。それを反映してか、地上に横たわるアルミの人体のような有機的フォルムと抽象的にすっくと立つ鉄の円柱が対照的な取り合わせを見せ、双方が対となり新しい現代空間を象徴させている。