メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

円の仕掛/滑空

円の仕掛/滑空

Information

作家名 : 生形 貴春(うぶかた たかはる)
制作年 : 1999年
設置場所 : 常盤公園・周遊園路・スポーツ広場西入口
素材 : ステンレススティール、ウレタン塗装、ヘアライン研磨
サイズ・重量 : 720cm×415cm×600cm、1620㎏
備考 : 第18回現代日本彫刻展、毎日新聞社賞

六メートルのステンレス鋼の三角柱。一本は水平に、一本は斜めに立てられ、その二つが地面に接する円弧で結ばれる。円断面は正方形。それは正方形の動く軌跡のイメージを喚起し、円による二つの三角柱の有機的な関係を導き出す。幾何学的形態の三つの要素が、構成によって一つの総合的な姿として現れる。
斜めに立てられた柱は、円の回転を受けて傾いたように設定され、水平の柱は端の方で円とつながる。三角柱の一つ一つを見た時には不安定にも映るが、二つが力学的に呼応するようなバランスを保つことによって、運動/静止の両義的なイメージを創出する。
二本の三角柱には、ライトグリーンの塗装が施される。この色彩によって、金属の材質感と、そこから派生する重量感を感じさせない。地球の引力の中で、円が三角柱を支持しているのではなく、まるで重力から解放されたかのように見えてくる。一方の円形部分の表面には、円周に沿ってヘアライン加工が施され、円の運動感を補強している。
形態、構成、色彩、表面加工...その総体が抽象性の高い作品イメージを作り出す。常盤公園という具体的な屋外空間を分節する軸としての彫刻となっている。