メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

地溝

地溝

Information

作家名 : 西 雅秋(にし まさあき)
制作年 : 1993年
設置場所 : 常盤公園・周遊園路・青年の家北(埋設)
素材 : 耐候性鋼
サイズ・重量 : 300cm×620cm×620cm、4000kg
備考 : 第15回現代日本彫刻展、大賞(宇部市賞)

常盤公園の一隅にある自然の松の木を取り込んで作られた鉄製の植木鉢?。16枚のコールテン鋼はここへきて植木鉢の役割を果たさせられるまでは、一年も前から、どこか名も知らぬ瀬戸内海の岸壁下の海水の中で腐食が進むままに放置されていたのだという。このように西雅秋の素材への接近の仕方は用意周到である。気候、環境などの変容とともに自らが生きて在るように、素材もまた発表の場や空間との避けがたい親和力を荷負わせられている。第15回現代日本彫刻展で大賞を獲得したこの「池溝」は、だがしかし、作者の手によって解体され、常盤公園のどこか地中深く眠りつづけて、いまは"幻の大賞作品"なのだ。何年か後に作者の手で再び蘇える日が待ち遠しい。