メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > ときわ公園の彫刻 > 歩行視のためのオブジェ

歩行視のためのオブジェ

歩行視のためのオブジェ

Information

作家名 : 杉山 雅之(すぎやま まさゆき)
制作年 : 2008年
設置場所 : ときわ湖水ホール
素材 : ステンレス、塗料
サイズ : 235×220×270cm、300kg
備考 : 第23回UBEビエンナーレ展 作家寄贈

【作者コメント】
作品を作ることは、個人的な企みであると同時に、開かれた共同作業でもあると考えます。
構想、制作、展示、それぞれの段階で、先達者の作品や、科学技術、美術館などの機構が、作品の骨格を支えています。
この共同作業を最終的に成し遂げるのは、作品を実際に見る人です。
タイトルにある「歩行視」とは、そういった視る人の視線と身体の運動態の一様態です。
では、作家はというと、それらが通過する箱といったところでしょうか。