メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

時のシルエット

時のシルエット

Information

作家名 : 新宮 晋(しんぐう すすむ)
制作年 : 2003年
設置場所 : 常盤公園・噴水池
素材 : 帆布、スティール亜鉛メッキ仕上げ
サイズ・重量 : 高さ275cm×最大回転直径600cm、1903kg
備考 : 第20回現代日本彫刻展、大賞(宇部市賞) 受賞

風で動く、湖に立てられた9本の帆。それぞれの帆の軸(上段)のほか、三つの帆をつないだユニットの軸(中段)と、さらに三つのユニットをつないだ軸(下段)の、合計3段階に分かれて水平に回転する。下の軸ほど重量が掛かることに加えて、水の抵抗も受けており、回転速度には大きな差が生じる。陸上にある「動く彫刻」とは異なった、独特の緩やかなリズムを刻むことになる。
側面から見ると、それぞれの帆は二等辺三角形と台形を合わせた、文字通り幾何学的な形態。シャープなエッジが回転しながら入れ替わっていくことで、背景の湖水や対岸の緑、青い空が現れては消える。風や水などの自然現象が作品の魅力をつくり出すと同時に、作品は自然の景色の美しさを再確認させるように働いている。
自然のエネルギーで動く彫刻の制作を通して、作者の視線は、それを生み出す地球の不思議さやその大切さへと向かうことになる。風で動く彫刻とともに世界各地を旅した「ウインドキャラバン」の活動もそのひとつ。作品の背後には、エコロジカルなメッセージが込められている。