メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

風になるとき

風になるとき

Information

作家名 : 西野 康造(にしの こうぞう)
制作年 : 1997年
設置場所 : 常盤公園・常盤橋西
素材 : チタン合金、ステンレススティール、コールテン鋼
サイズ・重量 : 600cm×950cm×160cm、700㎏
備考 : 第17回現代日本彫刻展、毎日新聞社賞

本脚に支えられた翼が、風に従って、ゆっくりと浮遊するように動いている。軸を中心に回転する他に、各翼とも3ヵ所の可動部分により柔らかい羽ばたきを持たせる。目に見えない風の流れを捉え、視覚的に伝える彫刻である。
陽光を反射して輝く羽根。ここにはチタニウム合金が使用され、9mを超える大きさながらも1枚20kg程度の重量を実現する。この軽くて強い素材によって、強風にも微風にも対応し、それぞれを表現することができる。
一方の脚部分には、錆を持たせた鉄を使用。その色と質感が大地との連続を暗示する。それと呼応するように、羽根部分にも根元から先端へと、茶色から青色への微妙なグラデーションがつけられる。色彩と重量と動き、そこには大地から空へと繋がる大きなスケール感が込められている。
風を感じさせてくれる彫刻。それは同時に、線的に構成された羽根を通して、空の大きさも同時に感じさせてくれる。「鳥の羽ばたきとかがやきを借りて、風に、そしてもっと大きな空になってみたいといつも思っている」と作者は言う。