メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

光影体

光影体

Information

作家名 : 鎌塚 昌代司(かまづか まさよし)
制作年 : 2001年
設置場所 : 常盤公園・噴水池付近
素材 : ステンレススティール、ウレタン塗装
サイズ・重量 : 265cm×280cm×276cm、600kg
備考 : 第19回現代日本彫刻展 作家寄贈

外側から見ると、黄色く塗装されたダイヤモンド・カットの形態。そこに扉が取りつけられており、彫刻の内側に入ることができるようになっている。この作品は内側と外側、外観と内部空間の両方を考慮して制作がなされている。
彫刻の表面(内部空間からは壁面)にスリットが切り込まれ、そこから太陽光が差し込んでくる。扉を閉めると壁面が黒く塗装された内側は暗闇となり、また中には1人で入ることになる空間サイズの設定によって、差し込む光の存在が強く体感される。そして、ダイヤモンド・カットの形態はその光を中心へと集中させるため、ドラマティックな効果が生まれることになる。
作品は南中する(扉が真北)ように設置されるため、正午に中に入ると完全に左右対象に光を体験することができる。それからしばらく差し込む光を見ていると、太陽の運行に合わせて微妙に光が変化していくことが知覚される。野外彫刻としては、それほど大きくはないこの彫刻は、地球の自転という大きな運動を教えてくれる装置でもある。
太陽の1日の軌道は季節によって異なるため、内部空間に差し込む光も変化してくる。これから秋が深まり冬が近づいてくることを、紅葉などの自然の変化と歩調を合わせて、この彫刻によって感じるようになるだろう。