メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

浮く石

浮く石

Information

作家名 : 植松 奎二(うえまつ けいじ)
制作年 : 1995年
設置場所 : 常盤公園・周遊園路・薬草園付近
素材 : 花崗岩(白御影石、黒御影石)、耐候性鋼板
サイズ・重量 : 460cm×725cm×110cm、20150㎏
備考 : 第16回現代日本彫刻展、宇部興産株式会社賞

高さ4.6mの石柱(白御影)と横に5m広がる鉄板との間で、丸いイモ形の自然石が危うく接しながら宙に浮いている。この作者はいつも幾何学的(人工的)な形態と自然な危うい形態とを組み合わせながら、自然なるものの危うさ、薄く柔らかいものの危うさを強調してみせるのが得意で、その対比や組み合わせの中に、現代の状況や人の世のもののあわれさ(同時に強さ)を表象する。ことに素材をありのまま強調することに留意しているので、ある種存在するものたちの、存在するがままのユーモアを投げかけていく。
この作品は、16回展の宇部興産賞受賞作。周遊園路の白鳥大橋を渡った岸辺、湖水面を風が渡る静かな場所にあって、孤独な対話を楽しむには絶好の環境である。