メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

Re-Creation

Re-Creation

Information

作家名 : たべ・けんぞう
制作年 : 1999年
設置場所 : 常盤公園周遊園路・スポーツ広場入口
素材 : 鉄、銅、アルミニウム、ステンレススティール、他
サイズ・重量 : 500cm×500cm×180cm、5000kg
備考 : 第18回現代日本彫刻展、兵庫県立近代美術館賞 作家寄贈

直径五メートルのレンズ型をした廃材の集合体。巨大なスケールと素材そのもののイメージが最初に目を引くが、作品の印象は暴力的なものではない。幾何学的形態のもつ静謐(せいひつ)さ、そして溶接という手作業を通すことによって、穏やかで優しい印象を与えている。
素材として用いられたのは湯沸かし器、エアコン、自転車、バイク等々の部品。一度、捨てられたこれらは、作者によって「彫刻」という新しい生命を与えられる。しかし、単に廃材を使うだけならば、このような生命感は生まれない。イメージの転換のためには、展示場所と作品との関係が必要になる。
風が吹くと、作品に取り付けられた十数個のプロペラが回り始める。個々の廃品は曲げられた鉄線によって相互に結ばれており、それを通してエネルギーが全体に循環していくように感じられる。有機的な鉄線は、生命をもったツタのようにも、生物内の血管のようにも見えてくる。
中央部の膨らんだレンズ型は、自然のエネルギーによって作品の膨張=生長していく姿と重ねられる。その時、作品は屋外という場において、再創造(Re-Creation)と呼べる生命を獲得する。