メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 市街地の彫刻 > 3・4・5角 宇部のカメラ

3・4・5角 宇部のカメラ

3・4・5角 宇部のカメラ

Information

作家名 : 佐藤 時啓(さとう ときひこ)
制作年 : 2003年
設置場所 : 山口大学附属病院北
素材 : コールテン鋼板、ステンレス鋼、ガルバリウム鋼板、苔(モスインネット)、レンズ
サイズ・重量 : 200cm×450cm×400cm、1600kg
備考 : 第20回現代日本彫刻展、宇部興産株式会社賞

カメラの原理を用いた作品。三角形・四角形・五角形で構成される内側の壁が白く塗られてスクリーンの役割を果たし、四つのレンズから入る光景が全方向に映し出される。鑑賞者は彫刻の中で、彫刻の外側にある景色を、彫刻を通して体験することになる。 野外彫刻の場合、作品と周囲の環境とのかかわりが常に問題とされる。ステンレスが彫刻の素材として一般化する1970年代以降、鏡状の表面に周囲を映す方法で両者の調和を図る作品が多く登場してきた。 この作品は、表面(内部ではあるが)に風景を映す意味でその系列の延長上に位置づけられるが、これまでにない方法によって、斬新な視覚体験をもたらしている。 ただし、それは単なる新しさを求める安易さから出発したものではない。例えば、具象彫刻では人物などの生命感は表面の力強さによって表現される。 また形態よりも素材自体の存在を重視する作品でも、物質感は表面を通して伝達される。表面をスクリーンとして用いる発想は、こうした歴史を把握した上で、彫刻としての表面の在り方を考えることから導かれるのである。