メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 市街地の彫刻 > 球形のフォーメイション

球形のフォーメイション

球形のフォーメイション

Information

作家名 : 河崎 良行(かわさき りょうこう)
制作年 : 1997年
設置場所 : 宇部警察署前
素材 : ステンレススティール
サイズ・重量 : 220cm×376cm×180cm、3000㎏
備考 : 第17回現代日本彫刻展、テレビ山口賞

回転運動を暗示する球形。それを横に広がるように分割・再構成する。作品の曲面には歪曲した景観が映り込み、〈彫刻-彫刻に取り込まれた景観-景観〉という相互に影響し合う関係が生じている。 素材のステンレスは、周囲を映す鏡面と金属の質感を見せるヘア・ライン加工の、対称的な表面に仕上げられる。この2つの表面に加え、運動と静止、平面と曲面、安定感と不安定感といった幾つかの対比的な要素が止揚され、全体として1つの秩序ある形態をつくりだされる。 この作品が出品された第17回現代日本彫刻展のテーマは『煌(きらめく)』。作者は、そこから光り輝く天体をイメージし、「太陽や月などの形、光、また、その出没の状態などをモチーフとして構想を進めた」と言う。 球形をべースとする作品。作品が置かれる円形の緑地。そして、隣接する円筒形の建物(生活安全ふれあい館)。類似する3者の形態が運想の中で繋がり、また彫刻表面で〈映す-映される〉関係を持つことで、作品イメージが景観へ浸透し、調和のある空間が生まれる。