メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

里の門

里の門

Information

作家名 : 眞板 雅文(まいた まさふみ)
制作年 : 2003年
設置場所 : 真締川公園・山口大学附属病院東
素材 : コールテン鋼、安山岩
サイズ・重量 : 380cm×380cm×400cm、5500kg
備考 : 第20回現代日本彫刻展、第20回展記念(土方定一記念)特別賞

大きな鉄の輪と、土の中から掘り出されてきた泥かぶりの石。伸びやかな鉄の輪は遠くの景色や空を切り取り、重量感のある自然石は半分地面に沈んだ格好で、周囲と一体感の強い構成を見せる。 その一方で、ともに赤系統の素材の色が、芝生の緑と美しいコントラストをつくりだす。こうして、環境と調和しながらも環境に埋没してしまわない、際立った存在感を示している。 作者はこれまでも、日本の風景に連なるような野外彫刻を制作してきた。この作品でも、国内で産出した石を素朴に扱うのと同様に、鉄も湿潤な気候と結びつくさび色で、大木のような太いパイプを用いる。工業製品でありながらも、自然に近い存在として見せている。 輪の外側二か所の切断面も、幾何学形態でありながら、竹などの植物のしなりを連想させる柔らかいイメージが与えられる。 新しい時が最も美しく古くなると薄汚れていくのではなく、時間の経過と共に輝きを見せる存在。それは、戦後の経済効率優先の生活の中で忘れられた価値観でもある。『里の門』の里とは、日本の原風景であると同時に、現代に対する批判の意味もあわせもつ。