メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 市街地の彫刻 > 宇部の先人をしのび明日をちかう

宇部の先人をしのび明日をちかう

宇部の先人をしのび明日をちかう

Information

作家名 : 神原中学校生徒(かみはらちゅうがっこうせいと)
制作年 : 1971年
設置場所 : 恩田運動公園
素材 : 鉄
サイズ : 500cm×320cm×280cm

これは生徒たちが共同制作した白塗りの鉄の作品である。高さ5m近い大きなもので、下方は鉄板が2枚交差して十字形の台座となって安定し、上方は天へ向かって手を広げた人体に似たモニュメントとなっている。板状の鉄板の組み合わせだから平板に見えるが、なかなか工夫されている。現代日本彫刻展がはじまった初期から、市民や生徒のこのような参加もあって宇部市は"彫刻の街"のコンセンサスが一歩一歩築かれていった。制作費も仏教集団「心のつどい実行委員会」が出した。