メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

鼓動

鼓動

Information

作家名 : 朝野 浩行(あさの ひろゆき)
制作年 : 2003年
設置場所 : 真締川公園西・山口大学附属病院正門北
素材 : 黒花崗岩
サイズ・重量 : 220cm×220cm×70cm、6000kg
備考 : 第20回現代日本彫刻展、山口大学工業短期大学部土木工学科同窓会寄贈

レンズ型の花崗岩の中に穴を通した形状の作品。石は均一な状態が中身まで詰まった、重量感のある素材である。そのため、石彫作品は周囲を圧倒する強い存在感を示す。 しかし、そこに穴を空けることで外界が取り込まれ、周囲の空間との調和が生まれる。とくに厚み(奥行き)のある形の場合、石の中に空間が体積として収まったように感じられることになる。 この穴は前-中-後の、三つの大きさから成り立つ。中央の穴が最も小さいため、空間は中心に向かって集中していき、それを過ぎると拡散していく。 穴同士をつなぐ緩やかな曲面に導かれて、視線は中央の穴の後ろ側へと回り込もうとする。さらに表面のレンズ型の曲面がそれにつながり、視線の動きは作品の表面全体をなぞることになる。 こうした柔らかい形を硬い石からつくり出すには、皮をむくように、何度も表面を削り、磨く作業が必要になる。彫刻の形に導かれて石の表面を目で追うことは、制作時の視線と同じものとなる。 作品に手が届くような近い位置からは、形だけではなく、彫刻と空間との関係が見える。