メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

循環・メビウス

循環・メビウス

Information

作家名 : 後藤 良二(ごとう りょうじ)
制作年 : 1997年
設置場所 : シンボルロード
素材 : アルミニウム、ステンレススティール
サイズ : 195cm×110cm×36cm
備考 : 光電業(株)寄贈

手足をつないで回転する3人の女性像。それぞれ半身はアルミ鋳造の有機的形態、半身はステンレス板積層の幾何学的構成。具体的/抽象的、凝縮運動/拡散運動、呪術性/建築性と、発想も技法も対称的な両者。それを有機的部分では細部を大胆に省略、幾何学的部分では柔らかい曲線で波を運想させて、両者のイメージを人物内部で寄り添わせる。素材の表面にも連続感を生む処理がなされている。人物の体は少しずつひねられ、一周する間に半回転する。表が裏に、裏が表に連結するメビウスの輪の構造。時間的・空間的な無限の広がりのぐう意として機能する。加えて、人物の半身を有機的/幾何学的と別の人格が同居する格好にしたことで、無数の人物が連続する印象をつくり出している。作者は、第7回現代日本彫刻展(1977年)で、この作品と同様の複数の人物構成『ダイヤモンド構造』で秀作賞を受賞。1997年12月の除幕式では、「作家活動20年目にして、彫刻のまち・宇部に自分の作品を置くことができました。これで私も現代彫刻作家の仲間入りができ、非常にうれしい気持ちです」と語った。