メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 市街地の彫刻 > この世界のかたち

この世界のかたち

この世界のかたち

Information

作家名 : 神山 明(かみやま あきら)
制作年 : 2005年
設置場所 : 真締川公園
素材 : 木材(イペ)
サイズ・重量 : 128cm×440cm×440cm、700㎏
備考 : 第21回現代日本彫刻展、作家寄贈

模型審査に、神山さんの応募があったことに少し驚いた。多分、審査員も驚いたと思う。 木を使って街の風景を作る彫刻家として有名で、作品の形は繊細、内容的には物語性が強い。そのため、素材を含め野外展示には、あまり向いていないと思えた。 その点、今回の作品ではさまざまな工夫が考えられた。まず、イペという南米産の耐候性に優れた木材を採用。芝生が広がる彫刻広場の景観にも考慮して、テーブルとベンチの形を選んだ。 ベンチには、実際に座ることもできる。テーブルの上の風景も、安全性を考慮してか、シンプルに作られている。 設置の時、神山さんは、「来たお客さんに座ってほしい」と言っていた。制作に際して、座った視点を意識したのだろう。 結果的には、周辺にベンチが設置されていないため、休憩用に多くの来訪者が座っている。立ち位置で見る他の作品よりも、結果的に長い時間をかけ、じっくり鑑賞している。