メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

好縁・好円

好縁・好円

Information

作家名 : 小川 徹也(おがわ てつや)
制作年 : 2001年
設置場所 : 山口宇部空港・ふれあい公園
素材 : 鉄、ウレタン塗装
サイズ・重量 : 400cm×500cm×500cm、3000kg
備考 : 第19回現代日本彫刻展、作家寄贈

既製品のH鋼を使ってつくったUのかたち6個を地面に置いた円周上に並べ、その上部を鉄パイプによって結び合わせた構成。一つのものから別のものへの連続感を示しており、赤・黄・緑などの原色が塗装されていることで、ポジティブなイメージをつくりだしている。上部のパイプは柔らかい形態に加工される。その先端には葉のかたちが取り付けられており、その葉が上方へ、外側へと張り出していくことから遠心的なダイナミズムを獲得する。植物の成長を意識させることによって、見る者を自己完結的な世界にではなく外部へ、未来へと誘っていく。ここでは、作品タイトルの『好縁・好円』が掛け言葉であるように、彫刻に触発されて見る者一人一人が自分以外の何かと関係をもち、そこから新しい世界を築いていく願いが込められている。幾何学的な要素の強い下部と有機的な上部の形態の対比は、現実と未来といったことと関係づけて見ることができるかもしれない。作品に近寄ると、葉の1枚に毛虫が付いていて、その部分が食いちぎられている光景が見える。それは希望や未来が簡単なものでないことを暗示する。しかし、そうしたことを乗り越えて、つるや葉はやがて花を咲かせることに向かって強い生命力を示している。