メニュー

ときわ公園

logo

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館

ときわミュージアム UBE Tokiwa Museum 緑と花と彫刻の博物館
HOME > ときわミュージアム > 市街地の彫刻 > The Age of Stone and Wind

The Age of Stone and Wind

The Age of Stone and Wind

Information

作家名 : 門脇 おさむ(かどわき おさむ)
制作年 : 1997年
設置場所 : 宇部市野球場
素材 : 花崗岩
サイズ・重量 : 540cm×590cm×130cm、45000kg
備考 : 第17回現代日本彫刻展、神戸須磨離宮公園賞

45トンの一塊の巨石を2つに分断、まるで自然に割れて転がったかのように展示する。巨石の周囲には9つの「石の風車」を配置、吹き抜けていく風を視覚化している。巨石の迫力を提示する、精緻につくられた石の風車。ベアリングを用い、4方向の重量を完全に均等に仕上げたため、わずかな風にも反応して回り始める。巨石(自然)と風車(人工)とがコントラストを描き、巨石により「自然らしさ」が演出される。はるかな時間をかけて形成される石。それはめまぐるしく変化していく現代文明と対極に位置し、現在を見守るように立っている。あえて表面をほとんどど加工しない(完成形を与えない)ことで、作品は風化しながらも変わらぬメッセージを発していく。作品は過去-現在-未来の悠久の中に存在し続ける。石の風車のモチーフは、作者が子供のころ、夜店で売っていた風車。その上で作者は、この作品を「地球を大事にする気持ちを込めて未来の子供たちに贈りたい」と言う。太古から吹き続ける風を視覚化すること、そこには現在までと同様、はるか未来にも人間の営みがあり続けることが希求されている。