第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 池田 宗弘
■作品名 旅人《鐘・霧の峠で…》
■素 材 真鍮、コールテン鋼
■サイズ 600×370×180 cm
■重 量 1,400 kg



旅人のテーマはサンチャゴ デ コンポステーラに向かう巡礼路に身を置いて以来のことだ。この街道の難所の峠には小さな御堂が有り、雪や霧の日には旅の者が道に迷わぬ様にと聖職者が終日鐘を鳴らし続けたと言われている。鐘の音に導かれそこにたどり着いた歩行者は感謝の祈りと共に自ら鐘を鳴らす。その鐘の音は苦労して歩を進めている孤独な後続の者に力と希望と励ましを与える。我々の人生街道でもこうありたい……。



1939= 東京生まれ
1963= 武蔵野美術学校彫刻科卒業
1977= 第3回彫刻の森美術館大賞展でS氏賞
1983= 文化庁在外芸術家研修員として渡スペイン
1986= 第2回東京野外現代彫刻展で区長賞・大衆賞
1989= 第20回中原悌二郎賞受賞
  第13回現代日本彫刻展で神戸須磨離宮公園賞
1990= 第18回長野市野外彫刻賞受賞
1991= 第6回神戸具象彫刻大賞展で大賞
1992= 第3回倉吉:緑の彫刻プロムナード特別賞受賞
1995= 第2回木内克大賞野外彫刻展で大賞





出品作品

ノアの家族  第15回現代日本彫刻展
ドン・キホーテ・シリーズ  第13回現代日本彫刻展
ドン・キホーテ・シリーズ  第12回現代日本彫刻展



Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.