第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 今城 有希生
■作品名 CUBIC illusion
■素 材 コールテン鋼、ステンレススティール、チタン
■サイズ 347×276×321 cm
■重 量 430 kg



形のそれぞれに違う階段は、個性ある人であり、又、性格でもあり、生き方でもあります。人々はそれぞれの人生の中で人と出会い、仲良くなったり、いがみあったり、いろいろな関係を持って生きています。現代に必要な生き方とは、自分らしさを表現した上での協調、協力して生きていくことではないかとの思いを階段をモチーフに制作しました。見る人の立場、見方、その時の心のあり方等により人間関係はずっと違うものとなるはずです。



1947= 広島県生まれ
1984= 日本現代工芸美術展(以後毎年出品)
1987= 日展(以後13回出品)
  公募・広島の美術(以後3回)
1993= 広島県立安芸府中高校にモニュメント設置
1994= 新潟市野外彫刻展
1996= 県立広島女子大学に環境造形物設
       ひろしまナイト大賞
1998= スチール・アート・コネクション






Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.