第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 小室 至
■作品名 関係(人と自然との間)
■素 材 ステンレススティール、鉄、木、水
■サイズ 313×239×84 cm
(水槽 440×284 cm)
■重 量 1,100 kg
■ 賞 山口県立美術館賞



キカイとコンピューターによってシステム化された現代、便利さがゆえに生み出される数多くの悪害、アジの開きが泳いでいると思っている子供達が増えている、そしてマグロの切身が泳いでいると……笑い事でないとんでもない時代が来るのだろうか。確かに現代は人の心と自然との関係が変容しつつある、このかけがえのない地球 石ころ一つにも崇高な言葉を持っている 自然と人間の「あ・い・だ」には一体何があるのだろうか そんな問いかけをしました。



1941= 東京都生まれ
1969= 第13回シェル賞美術展で佳作
1970= 現代美術野外フェスティバル
1971= 第10回現代日本美術展でコンクール賞
1973= ジャパンアートフェスティバル(〜76年)
1978= 渡米、スタンフリーギャラリーにて個展
1984= 第15回日本国際美術展
1989= 日韓現代美術展(釜山,韓国)
  第3回東京野外現代彫刻展
2001= 第19回現代日本彫刻展
2002= 第7回KAJIMA彫刻コンクールで銅賞





出品作品

関 係   第19回現代日本彫刻展



Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.