第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 新宮 晋
■作品名 時のシルエット
■素 材 帆布、スティール亜鉛メッキ仕上げ
■サイズ 高さ275cm,
最大回転直径600cm
■重 量 1,903 kg
■ 賞 大賞(宇部市賞)



私は、風や水といった自然エネルギーで動く作品ばかりを作っています。「時のシルエット」では、風、空、水、光など、作品を取囲む自然のすべての要素を一つに溶け合わせて、移り行く時の流れを豊かに演出してみたいと思いました。作品を支える構造的な部分は水の中に隠れているので、目に見えるのは、9枚の白い帆と、その水に映る姿だけです。一見気まぐれに見える帆の動きは、今目の前を通り抜けた風の軌跡を示しています。



1937= 大阪府生まれ
1960= 東京芸術大学卒業、伊政府奨学生として渡伊
1979= 第4回吉田五十八賞(建築関連美術の部)受賞
       第8回現代日本彫刻展で国立国際美術館賞他
1980= 第8回長野市野外彫刻賞受賞
1986= 第18回日本芸術大賞受賞
1994= 第14回神戸須磨離宮公園現代彫刻展
1995= 大阪芸術賞受賞
2000= 世界巡回プロジェクト「ウインドキャラバン」
2002= 第43回毎日芸術賞特別賞受賞
  紫綬褒章受章





出品作品

遙かなリズム  第8回現代日本彫刻展
冒険の記憶  第3回現代日本彫刻展
星の計算機ほか  第2回現代日本彫刻展



Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.