第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 曽我 孝司
■作品名 重力質 Ring '03
■素 材 鉄(亜鉛メッキ鋼板)、アルミニウム、鉛
■サイズ 390×560×400 cm
■重 量 950 kg
■ 賞 宇部市野外彫刻美術館賞



私は可能な限り日常とは違った空間を創り出したいと思って制作を続けています。
空間はいろいろな要素によって成立しているのですが、その中で"重力"が空間に対して最も強く影響を与えていると考えています。
その現象を1984年以来<重力質>と名付け"重力"を彫刻の素材の一つとして捉えてきました。
私の作品は、目に見えないあるいは手に触れることのできない"重力"を操作(物理的には不可能)することで生まれる非日常的な空間を体感する装置なのです。



1952= 大阪府生まれ
1975= 大阪芸術大学卒業
1980= 第13回日本国際美術展で大賞
1984= 第1回咲くやこの花賞受賞
1996= 池田市野外彫刻コンペで大賞
  岐阜県美濃加茂彫刻コンペで大賞
1997= 朝来2001野外彫刻展in多々良木で準大賞
1998= 長野市野外彫刻賞受賞
       第4回おおさかパブリックアート・作品賞
  静けさのなかから(和歌山県立近代美術館)
2001= 個展(ロングハウスリザーブ美術館,アメリカ)






Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.