第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 古郡 弘
■作品名 盆景
■素 材 テラコッタ、銅、真鍮、鉄、樹、ステンレスメッシュ、土
■サイズ 450×350×800 cm
■重 量 3,000 kg



日常の物や出来事は、時間の経過と共に脱ぎ捨てられ、身体や屋内のあらゆる場に無意識に放置されるのです。まるで貝塚が層をなすように、記憶たちは、堆積して行くのです。
そして日々の出来事や行為の一部に、何らかの衝撃でズレが生じると、まるで器にひびができ内部のものが洩れ出し、外に溜りができるように、今とかつてを繋いでしまうのです。橋が陸地を、トンネルが里山を結ぶように。
この「場」、繋いだ「物」、周りの「気配」を捉えて盆景としました。



1947= 埼玉県生まれ
1974= 武蔵野美術学校卒業
1977= イタリア国立ブレラアカデミー卒業
1979= 近代イタリア美術と日本(国立国際美術館)
1987= 現代のイコン(埼玉県立近代美術館)
1988= 個展(東京・佐賀町エキジビットスペース)
1989= ふくやま彫刻プロジェクト
1993= 個展(東京・スパイラルガーデン)
1996= 火の起源と神話(埼玉県立近代美術館)
2000= 越後妻有アートトリエンナーレ
2003= 個展(水の国ミュージアム)






Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.