第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 眞板 雅文
■作品名 里の門
■素 材 コールテン鋼、安山岩
■サイズ 380×380×400 cm
■重 量 5,500 kg
■ 賞 第20回展記念(土方定一記念)特別賞



心に響く目印となる森や大きな木、道祖神やお地蔵さん、その先には何かがあるという予感もする。道を尋ねたり尋ねられたりした時に役にたつ、こんな「道しるべ」的なモノへの郷愁を表現の動機として生まれた彫刻です。輪の先方に広がる景色を包み込み、大地を踏みしめて向かう先には懐かしい里がある。素材は伊達冠石という泥をかぶった姿で土の中から出てきた玉石と鉄を使い、どちらも自然のままの色であることにこだわりました。



1944= 中国東北部(旧満州奉天)生まれ
1971= 第6回国際青年美術家展(高輪美術館)で大賞
1985= 第4回ヘンリー・ムーア大賞展で優秀賞
1986= 第42回ベネチア・ビエンナーレ
1988= 青森EXPO'88記念現代野外彫刻展で優秀賞
  第11回神戸須磨離宮公園現代彫刻展
1994= 第3回倉敷まちかどの彫刻展で大賞
  写真と彫刻の対話(神奈川県立近代美術館)
1995= 第7回本郷新賞受賞
1997= 第25回長野市野外彫刻賞を受賞
2000= 越後妻有アートトリエンナーレ





出品作品

連山夢想−きらめく   第16回現代日本彫刻展
翔陽のもとへ  第15回現代日本彫刻展
大地の饗宴  第14回現代日本彫刻展
原点  第6回現代日本彫刻展



Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.