第20回  現代日本彫刻展   2003
The 20th Exhibition of Contemporary Japanese Sculpture



■作 者 米林 雄一
■作品名 微宇音−2003
■素 材 ステンレススティール、鉄
■サイズ 230×190×190 cm
■重 量 900 kg
■ 賞 神奈川県立近代美術館賞



私達は太陽の光の中で物の形を見ています。さらには光と影によって別の姿を見いだします。地球から見た太陽や月、又昼と夜には様々な感情をいだかせます。私の主なテーマは宇宙の存在といえるでしょう。この地球も宇宙に浮かぶ一つです。円や楕円、水平、垂直など幾何学的な空間に関わる要素に興味があります。それらを用いながら私の宇宙に抱くインスピレーションの痕跡を形体化しようと試みています。



1942= 東京都生まれ
1966= 東京芸術大学大学院修了
1968= チェコスロバキア国際彫刻シンポジウム招待
1979= 第14回現代日本美術展で国立国際美術館賞
1981= 二紀会35周年記念展で文部大臣賞受賞
1987= 第13回平櫛田中賞受賞
1992= 文部省国際芸術研究員として渡英
1997= NBS長野放送本社「波動の庭」を制作・監修
1999= 第18回現代日本彫刻展
2000= 個展(富山県立近代美術館)
2001= 垂直の時間(東京芸術大学陳列館)





出品作品

波動 '99   第18回現代日本彫刻展



Copyright(c) 1998.2. 宇部市, 児玉印刷株式会社, UTIX Multimedia Studio.

All RightsReserved.

Plan , Authring & Design :宇部市, 児玉印刷株式会社,Utix Multimedia Studio
Last updated on 1998.2.1.