21世紀の都市デザインを考える全国シンポジウム
「ひろばと緑と彫刻と」
 


開催期日 昭和56年10月1日(木)・2日(金)
会  場 宇部市文化会館


第1日目 10月1日(木)
13:00 ● 開会
   河北倫明 (京都国立近代美術館長)
● 挨拶
   二木秀夫 (宇部市長)
   田中龍夫 (文部大臣)
   加瀬正蔵 (建設省都市局長)
   平井 龍 (山口県知事)
13:30 ● 基調講演
   都市と子供  下河辺淳  (総合開発機構・理事長)
   ひろばと緑と彫刻と   本間正義   (国立国際美術館長)
15:00 ● 自治体からの報告
 旭川市 買い物公園という広場 永井 保 (旭川市審議室長)
 仙台市 仙台からの報告   村上芳郎 (仙台市企画局長)
 長野市   「うるおいうのある町」を
めざして
峯村富太 (長野市都市開発部長) 
 多摩市 多摩市のまちづくり
―広場と緑と彫刻と―
市川文雄 (多摩市企画部企画課長)
 横浜市 横浜市の都市デザイン行政
における歩行空間の演出と
彫刻のプロデュース
国吉直行
(横浜市企画調整局都市デザイン担当)
 神戸市 個性豊かな魅力ある都市づくり
―神戸市都市景観条例による
まちづくり―
浅井活太 (神戸市都市計画局計画部主幹)
 小木町 辺地・小規模町村の場合 金子 繁 (佐渡郡小木町長)
 宇部市 ひろばへの郷愁 上田芳江
(宇部市緑化運動推進委員会理事長)
17:40 レセプション (国際ホテル宇部) 
 
第2日目 10月2日(金)
10:00 ● パネル討論 「都市づくりと彫刻」
   パネラー 田村 明 (都市プランナー,法政大学教授)
川添 登 (建築評論,株式会社CDI所長)
本間正義 (美術評論,国立国際美術館長) 
中原佑介 (美術評論,京都精華大学教授)
   助言者 林 昌二 (建築家,日建設計副社長)
本間義人 (毎日新聞社編集委員)
   モデレータ   嘉門安雄 (ブリヂストン美術館長)
12:00 昼   食
13:00 ● 分科会
 第1分科会 「これからのひろばのあり方」
田村 明 (都市プランナー,法政大学教授
大谷幸夫 (都市工学,東京大学教授)
  丸田頼一 (環境緑地,千葉大学助教授)
 第2分科会 「街の景観をどう変えるか」
大高正人 (建築家,建築学会都市計画委員会委員長
栄久庵憲司(インダストリアルデザイナー,GKインダストリアルデザイン研究所長)
  粟津 潔 (ビジュアルデザイン,京都芸術短期大学教授)
 第3分科会 「ひろばにおける彫刻の公共性」
三木多聞 (美術評論,東京国立近代美術館企画資料課長
佐藤 昌 (社団法人日本公演緑地協会会長)
  向井良吉 (彫刻家)
15:15 ● 全体会議
   モデレータ 田村 明 (都市プランナー,法政大学教授)
大高正人 (建築家,建築学会都市計画委員会委員長
三木多聞 (美術評論,東京国立近代美術館企画資料課長)
   議  長   本間正義 (美術評論,国立国際美術館長)
15:00 閉   会



現代日本彫刻展の歴史 目次へ