2014
1月 29
(水)
13:38
星座の光
カテゴリー  植物
本文
サボテン室に、とっても可憐な白い花が咲いています。
 
 一見シャコバサボテンに見えますが、違います。
 これは、「Phipsalis pachyptera pfeiff 1837」です。

 何のことかわかりませんね。
 ブラジル原産のリプサリス属の和名「星座の光」です。

 日本語って素敵ですね。
 この花を星座の瞬きに見立てた人の感性も素敵です。

 太陽の光に当たると、キラキラしています。是非ご覧になって下さいね。

 先日来お届けしているサイザルアサ情報の第三弾です。
 三つ出ていた花茎が1?位成長しました。
 数十年に一度開花すると言われるこの植物を、開花に合わせて、夏休みの自由研究にしたいという小学生も出てきました。
 本当に素晴らしいですね。

   (D)

「星座の光」です。サボテン室のトンネルをくぐると左手に展示されています。

とってもかわいいですね。午前中は朝日に当たってキラキラしています。

三つの花茎が、それぞれ一?位伸びてきました。小さな新しい芽も一つ出てきました。


閲覧(5079)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp