2014
7月 27
(日)
10:11
地上に湧いて出た金色の蓮
カテゴリー  植物
本文
 ときわミュージアムのテラス前と、ミュージアムガーデンにチュウキンレンが各1つ咲いています。
 一昨年、テラス前には30位咲いていましたが、昨年と今年は1〜2つ。
 数は少ないですが、この花は一つでも十分楽しめます。

 チュウキンレンは、漢字で描くと「地涌金蓮」。地上に湧いて出た金色の蓮
 名前と姿がピッタリ一致していますね。

 名前の中に「蓮」とありますが、ハスとは関係がありません。「バショウ科」の仲間です。
 つまりバナナの仲間です。

 ちょうど今、熱帯植物室にバナナがなっています。チュウキンレンの先端の黄色の部分を逆さにしてみると、バナナの花序とそっくりです。 (D)

【地涌金蓮(チュウキンレン)】
学名:Musella lasiocarpa
分類:バショウ科
原産:中国南部〜シナイ半島

ミュージアムガーデンで咲いているチュウキンレンです。黄金に光り輝いています。

中から出てきた小さな壺の様なものが花です。

以前ご紹介したバナナの花序です。写真を上下逆さまにして載せています。チュウキンレンと同じ仲間であることがよくわかります。


閲覧(4687)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp