2014
11月 17
(月)
09:39
パイプカズラが面白い
カテゴリー  植物
本文
 ラン室で、パイプカズラが開花しています。

 パイプカズラは、以前、熱帯植物室にありましたが、一昨年、ラン室に移植されました。

 パイプカズラは一斉に蕾が付いて一斉に開花するのではなく、根元に近い方から順に、蔓の先端に向けて約10?間隔で時期をずらして蕾が付いていきます。
 よって、同じ蔓の中でも、蕾が付く時期や開花時期が異なりますので、蕾から開花までの各成長段階の様子がよくわかって、面白いですよ。

 また、蕾を見ると、パイプカズラと名付けられたのもよくわかります。(D)


応援して下さい
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 パイプカズラは、ラン室中ほど左手の格子に咲いています。蕾から開花までの各成長段階の様子がよくわかります。

 開花直前のパイプカズラです。蕾の右側が開いていきます。

 かなり奇妙な花ですが、妊婦がこの花を見ると、安産になると言われています。


閲覧(4016)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp