2015
1月 24
(土)
09:01
コーヒーノキの実がなっています
カテゴリー  植物
本文
  熱帯植物室にコーヒーノキ(アカネ科 コーヒーノキ属 主にエチオピア)の実がなりました。
 一般的にはコーヒーノキの実は赤ですが、今なっているのは黄色い実です。アラビカ種の変種です。
  この黄色い実の中に1?位の種子が二つ入っています。これがコーヒー豆です。

  ネットでコーヒーの起源を調べていたら、色々な伝説がありました。何れも鳥や動物が食べて元気になったり興奮したりしているのを見て、自分も試してみようと思ってその実を食べたりスープにして飲んだりしたのが始まりのようです。

 いずれにしても、コーヒー好きの私としては、よくぞこの豆からこんなに美味い飲み物を作ることを発見してくれたと、感謝の気持ちで一杯です。その割にはどのコーヒーを飲んでも違いが全く分からないのでが・・・。

  話は変わりますが、ナマコ好きの私にはナマコを最初に食べた人へも感謝しています。
  ヒトデもいつか食べてみたいのですが、店に出回ってないところをみるとあまり美味しくないのでしょうね。

  コーヒーノキは、熱帯植物室のイヅモナンキンの池の傍にあります。(D)

応援して下さい
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 木の先端は枯れています。枯れかけて絶望的だったこの木が、職員の必死の看病で生き返りました。

 コーヒー豆はこの実の種子のことです。


閲覧(4785)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp