2015
8月 1
(土)
08:49
引力に負けるな! ニュートンのリンゴ
カテゴリー  植物
本文
 「ニュートンのリンゴの木」のリンゴが、少しずつ大きくなり、赤く色ずんできました。

 もっと真っ赤になって、リンゴの木らしくならないものかと毎年思うのですが、この頃から、少し強い雨風になると落っこちてしまいます。

 「ニュートンのリンゴの木」は、1994年に小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)から枝分けしていただき、ときわミュージアムで接ぎ木をして育てたものです。アイザック・ニュートンがこの木のリンゴが落下するのを見て、「万有引力の法則」のヒントを得たという逸話のある木です。その分身が、接ぎ木によって海外にも贈られ、ときわミュージアムでも見ることができるわけです。

 そんなわけで、ある意味、落ちてなんぼのリンゴなのですが、実はこのリンゴが自然に落下するのを一度も見た事がありません。もっとも、私が、落ちるのを見ても「もったいないなあ〜」と思うだけで、他には何にも思い浮かばないとは思いますが・・・。(D)

応援して下さい
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ニュートンのリンゴの木。ミュージアム本館玄関横にあります。

だんだん赤くなってきました。

少し強い風が吹くと、落っこちてしまいます。


閲覧(6838)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp