2011
3月 11
(金)
12:09
「鋳造たいけん!スタッフ体験版?」
カテゴリー  彫刻
本文
さてさて、前回からの続きです。

固まった石膏型から粘土を取り除き、金属を流し込むまでのご紹介です。

油粘土で作った模型に、水と1:1でといた石膏をかけたあとは、
石膏型が固まるまでしばらく待ちます。

触ってみて、水分が無くなり、固まっていたら油粘土を取り除きます。


?固まった石膏から油粘土を取り除きます。 この時、金属製ではない道具を使った方が型に傷が付きにくいかと思います。今回はつまようじを使いました。

?油粘土が取り除けたら、石膏型を乾かします。 1日くらい放置して完全に乾かすか、電子レンジにかけて完全に水分を飛ばします。水分が抜けていないと、熱した金属を流し込んだときに、金属と石膏型の間に水蒸気が発生してしまうため、表面が荒くなってしまいます。

?金属を石膏型に流し込み、固まるまでしばらく待ちます。 この時、金属を流し込む前に石膏型が水平になるように粘土などで固定しておきましょう。ここまでくるともうワクワクです! 「鋳造たいけん!スタッフ体験版? 」へ続く


閲覧(8492)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp