2016
1月 6
(水)
16:24
小豆島レポート
カテゴリー  彫刻
本文
昨年の第26回UBEビエンナーレで大賞を受賞した竹腰耕平さんが、瀬戸内海の小豆島で新作を制作中です。その様子を少しだけ取材してきました。
竹腰さんが制作をしているのは、小豆島の大部という小さな港町です。街には創業100年以上の醤油蔵や、石材の加工場、造船所などがあります。
大部に行くには、岡山の日生港から出ているフェリーを使います。
フェリーは一日5本と少ないですが、割と大きな船がやってきます。
フェリーの運航時間は、約50分。船上からは瀬戸内海の美しい島々を眺めることができます。
島につくと、竹腰さんが出迎えに来てくれました。早速、作品の制作現場に行ってみましょう!
(つづく)

大きなフェリーです。

船上からは瀬戸内海の素晴らしい景色を見ることができます。

竹腰さんが迎えに来てくれました。


閲覧(3620)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp