2016
1月 17
(日)
10:20
シンビジウムが増えてきました
カテゴリー  植物
本文
 ランの季節といっても、種類によっては微妙に開花時期が異なります。

 暮のカトレアから始まり、1月シンビジウム、2月デンドロビウムと続きます。
いつもの時季に、いつもの花が咲くと、ほっとします。

 ラン室で、シンビジウムが増えてきました。シンビジウムは、光沢と厚みのある幅広の花弁が、抱えこむように咲いているものが多く、しっかりと咲いて、そう簡単には散らない雰囲気があって、個人的にも、好きなランの一つです。

 ランの中でも、日本での人気が高く、出荷量ではコチョウランに次ぐと聞いています。

 現在、10数鉢展示されていますが、今後、増えていくでしょう。(D)

応援して下さい
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


閲覧(3443)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp