2016
1月 18
(月)
10:00
パピルスの花
カテゴリー  植物
本文
 熱帯植物室のパピルス(カヤツリグサ科、北~中部アフリカ)が開花しています。

 学校で、「古代エジプトの世界最初の紙の材料」みたいな感じで習ったあの植物です。

 茎の切り口が三角形です。つまり茎が三つの平面でできているのです。古代エジプトでは、この平面をスライスし、三つ組のように編んで、広い紙状にして使っていたのですね。

 パピルスの花は、添付写真のとおり、派手な熱帯植物の花の中にあって、かなり地味です。

 時々、ブログにでも書かない限り、ほとんど話題になりません。

 パピルスは、熱帯植物室の滝の水が落ちる池の中と、展望デッキにあります。近くを通りかかったら、ちょっと上を見てくださいね。(D)

応援して下さい
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パピルスは、滝の水の落ちる池の中と、その上の展望デッキに展示してあります。

かなり背が高いので、先端の花は、なかなか目につきません。

穂先の先端にある小さなクリーム色のかたまりが花です。


閲覧(2574)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp