2011
3月 23
(水)
12:14
企画展「愛に生きた彫刻家 荻原守衛 -“女”の表現とその技法-」始まりました
カテゴリー  彫刻
本文
こんにちは。
今日のときわミュージアム付近は青空が広がっています。


さて先日3月19日(土)に、緑と花と彫刻の博物館ときわミュージアム分館(湖水ホール内)にて、企画展「愛に生きた彫刻家 荻原守衛 -“女”の表現とその技法-」がはじまりました。


荻原守衛の絶作となった「女」を中心に、守衛の生涯、人間関係、表現技法に迫ります。彼は人を愛して、人に愛されて、30年という短い生涯を日本だけでなくニューヨーク、パリ、ロンドンと縦横無尽に駆け抜けました。


会場には、荻原守衛の「女」と共に、守衛をとりまいた人々の作品だけでなく、守衛に宛てた手紙や守衛をしのぶ文章などを抜粋したものを年代別に構成し展示しています。また、企画展に先立ち開催いたしましたワークショップ「鋳造たいけん!」の参加者作品や、株式会社宇部スチールさんの協力により、「鋳造」に関する素材や資料などが展示されています。


今週の3月26日(土)には、碌山美術館学芸員の武井敏さんを講師に迎え、記念講演会「“女”について」を開催します。


■企画展「愛に生きた彫刻家 荻原守衛-“女”の表現とその技法-」詳細はこちら
https://www.tokiwapark.jp/museum/xoops/modules/d3blog/details.php?bid=57



閲覧(9178)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp