2016
3月 24
(木)
10:11
サラセニアの花
カテゴリー  植物
本文
 サラセニア(サラセニア科、北アメリア)の花が咲きました。

 ハエトリソウやウツボカズラと並んで、食虫植物として人気の高いサラセニアですが、花の愛好家もかなりいらっしゃるようです。添付写真のとおり、花は、かなりユニークで、色々な色の花があります。

 花の中心に球体があります。球体には狭い入口があり、中は空洞で、雄しべと雌しべが入っています。この球体と雄しべ・雌しべの構造もかなりユニークです。虫たちを使って、確実に受粉させるための構造で、球体は何のためにあるのか、入口は何故狭いのか等々説明するといいのですが、写真付きで解説しないと分かりにくいので、別の機会にします。

 補虫葉の仕組みといい、花の構造といい、本当に食虫植物達には感心させられます。
受粉のお手伝いをさせられた挙句に、食べられてしまう虫たちの心境やいかに?(D)

応援して下さい
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

食虫植物コーナー。ラン室入口近く左手にあります。

サラセニアの花。

蕾です。


閲覧(3455)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp