2016
5月 18
(水)
08:58
ピンポンノキ開花
カテゴリー  植物
本文
 ピンポンノキ(アオギリ科、中国南部)が開花しました。

 ときわミュージアムのピンポンノキは、温室内の植物の解説などの各種説明板に登場する人面木(ピンポンお爺さん)として有名です。ピンポンお爺さんは、以前、全国放送のテレビにも何度か登場したスーパースターだったのですが、最近は他のキャラクター達に押されぎみです。

 今回咲いたのは、熱帯植物室内の大木ではなく、手前の風除室にある鉢植えの木です。
 背も高くないので、目の前でよく観察できます。

 白くて小さなボンボリのような花がたくさん付いています。かなり可愛いです。花びらのように見えるのは萼片。無事に実がなったらまたお知らせしますね。(D)

◆応援して下さい◆
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

熱帯植物室のピンポンノキは人面木。ピンポンお爺さんです。

サボテン室と熱帯植物室の間の風除室に展示中のピンポンノキ。

ピンポンノキの花です。小さくて可愛いですよ。


閲覧(3133)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp