2016
9月 16
(金)
09:18
沖縄の三大名花
カテゴリー  植物
本文
 サボテン室の次の風除室に、鮮やかな赤と黄色の円錐花序が咲いています。

 オウゴチョウ(マメ科、西インド諸島)です。漢字で書くと、「黄胡蝶」「黄紅蝶」「大胡蝶」。

 沖縄では、デイゴ・サンタンカと並んで、三大名花と呼ばれているようで、見るからに南国の花と言う感じです。小さな風除室で大きな存在感を示しています。まるで、燃えているようです。

 中国名は孔雀花。花言葉は「自分らしく生きるのが一番」。素敵な花言葉ですね。
 
 マメ科の植物らしく、マメができていますよ。味はわかりませんが、食べられるそうです。上の方を見て下さいね。(D)

◆応援して下さい◆
 「山口Blog」ランキングに参加しています。
 1日に1回、
一番下にある「山口Blog」のバーをポチッとして下さいね。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


閲覧(4517)

↓このブログが気に入ったらポチッと押してね。
Language
Info
UBE tokiwa Museum
3-4-29, Nonaka
Ube-city, Yamaguchi,
7550025, Japan
Tel:+81-836-37-2888
Fax:+81-836-37-2889
E-mail:
museum@city.ube.yamaguchi.jp